普天間・辺野古問題 参議院選挙全立候補者アンケート

Posted by admin on Jul 05, 2010

参議院選挙全立候補者に普天間・辺野古問題に関するアンケート(以下参照)を行いました。結果は以下の通りです。

http://tinyurl.com/nobase-2010July

<総括的コメント>

1、このアンケートは、現在行われている参議院議員選挙の候補者
  437人のうち、アドレスが判明した402人に対し、6月24日に送付
 したもので、7月5日午前10時現在の回答状況は別添のとおりで
 す。有権者の皆さんが投票にあたって参考となるよう、公表します。

2、回答数は124で、28.4%でした。マスコミのアンケートに比べる
 と少ない回答ですが、候補者が所属するおもな政党は網羅されてお
 り、投票の参考には十分なりうると思われます。

3、回答数は、政党別には、民主106人中20(18.9%)、自民84人中13
(15.5%)、公明20人中2(10.0%)、共産64人中62(96.9%)、社民
 14人中10(71.4%)、みんな44人中6(13.6%)、幸福24人中5(20.8%)、
 無所属21人中6(28.6%)でした。なお、国民新党(9人)、たちあがれ
 (13人)、改革(12人)、諸派(26人)の候補者からは回答がありま
 せんでした。

4、共産と社民の候補者は「3」の回答が多く、自民・みんな・幸福の
 候補者の回答は「1」が多いという結果でした。民主については、回答率
 の低さからも、回答が「2」と「4」に分かれたことからも、また、回答に
 付された意見の内容からも、辺野古に基地建設を認めた日米合意への気持
 ちの揺れが垣間見えます。